保護した子猫達の通院歴。最初の1ヶ月。

引越し 病院 キャリーバック

今回は保護した子猫の通院歴を紹介します。

動物病院

保護した時はかなり衰弱した状態だったので、まずは動物病院に連れて行きました。無事二匹とも一命をとりとめたのですが、猫風邪と目の治療により、ひとまずは入院する事になりました。
入院 あめ つゆ

入院時点では4つの瞳のうち、3つは見えなくなるかも・・・と言われていたのですが・・・

引き取り日

二匹を引き取ったのは6/22(金)。
この時の体重は二匹とも750g前後で保護した時の500g前後の約1.5倍も成長していましたが、まだまだ子猫でした。

病院での治療のおかげで、不安だった目もかなり回復しました。ただ、猫風邪の症状もまだ残っていたので・・・

1週間後にまたきて下さい。
との事でした。
この時に風邪薬と目薬を処方してもらいました。

風邪薬

風邪薬は、粉薬です。
猫風邪 風邪薬
一見、人間の子供用風邪薬に似てますね!

それを餌の上に・・・
子猫の餌 風邪薬
振りかけます。

ちなみにこの頃あげてた餌は・・・
ROYAL CANIN 子猫の餌
ROYAL CANIN の子猫用のレトルトとカリカリを合わせたもの。

風邪薬には特に味は無いのか風邪薬がかかっている事はおかまいなしにガツガツ食べてくれます!
あめ つゆ 猫の食事

目薬

目薬 軟膏

もらった目薬は水滴を眼球に垂らす一般的な点眼用目薬と、軟膏。
軟膏が意外と難しい。眼球に軟膏を塗るって人間でも嫌がりそうな行為ですが・・・意外とそこまで嫌がらず。むしろ点眼の方を嫌がってました。

ネオメドロールEE軟膏

抗生物質と合成副腎皮質ホルモン剤の配合剤で、抗菌作用と抗炎症作用により、目およびその周囲の炎症症状(かゆい、発赤など)を改善する眼科用の塗り薬です。
通常、目周辺部の細菌感染を伴う炎症性疾患の治療に用いられます。
参考:くすりのしおり

もらったお薬は人間の眼の治療にも使われるお薬のようです。

この時もらった軟膏、まだまぶたがくっつく可能性のある「あめ」用で、眼球に穴が空いている「つゆ」には絶対に付けちゃいけないと言われたのですが、誤って付けてめっちゃ怒られました。その後、「つゆ」の眼球は順調に回復したので・・・ホント良かった・・・これで「つゆ」の左目が失明してたら後悔し続ける人生となるところでした。

2度目の通院

引き取ってから8日後となる06/30(土)に病院を連れていきました。

風邪も目もだいぶ良くなりましたが、完治とは言えないですね。引き続きお薬を出しておきますので、また1週間後に来てください。
との事でした。
そして、今回から目薬が少し変わりました。
目薬
薬の違いの説明は特に無かったと思うけど、とりあえず出してもらった薬をきちんと使っていきます!

要暑さ対策

車のエアコンが壊れていてかなり暑く、二匹ともハァハァと呼吸が乱れてちょっと不安な状態でした。
次回から保冷剤を入れて少しでも暑さが和らぐようにせねば!

3度目の通院

3度目は1週間後の07/07(土)に病院に連れていきました。通院 キャリー
久しぶりに太陽光を浴びる二匹。

そして・・・久しぶりに・・・
猫 動物病院
他の猫ちゃんとご対面。お互い大人しくて良かった(笑)

診てもらった結果は・・・

あめちゃんの左目も気になりますね。しっかりと目薬を忘れずにして、また1週間後に来てください。
との事でした。
この少し前ぐらいから「あめ」の左目の表面が軽く白濁して来てたんですよね。
あめ 左目 白濁
ちょっと白濁はわかりにくいけど、違和感が有るのは伝わるでしょうか?

4度目は突然

4度目は予定より少し早い07/12(木)に病院に。というのも「あめ」の目が前回通院後、かなり悪化しました。
あめ 左目 デスメ膜瘤
一時期の「つゆ」がもっと酷かったかったからこんなもんかなーと思ってたのですが、一刻も早く診てもらった方が良いと水曜日にアドバイスをもらい、木曜日に急遽病院に行って来ました。

あめちゃんの左目はデスメ膜瘤の疑いがあります。生猫なら手術が必要なケースも有るような症状です。状況によっては左目は諦めた方がいいかもしれません。

「つゆ」が治って来たと思ったら「あめ」まで・・・うーん。目のトラブルが続きます。

エコリシン眼軟膏

新しい軟膏 エコリシン眼軟膏

エコリシン眼軟膏

細菌の蛋白合成を阻害し、また、細胞質膜を障害して、増殖を阻害することにより、抗菌作用を示します。
通常、眼瞼炎、涙のう炎、麦粒腫(ものもらい)、結膜炎、角膜炎の治療に用いられます。
参考:くすりのしおり

あめの左目用に新しい軟膏を出してもらいました。今度は悪い目に使う軟膏という事ですので・・・以前やってしまったミスは大丈夫なはずです!

三毛猫 キジトラ あめ つゆ 猫 写真 子ねこへの目薬に苦戦!でも・・・上手くなりました!

5度目の通院

07/14(土)に五度目の通院。木曜日にもらった新しい軟膏が上手く効いたようで「あめ」の左目はかなり良好!デスメ膜瘤では無かったのかな?
ここのところ、目のゴタゴタが続いていましたが、たまーにクシャミをするものの猫風邪はかなり良くなりました!
という事で次の段階に・・・

ワクチン

ワクチンは色々な種類が有るみたいですが、今回は基本のコアワクチンと言われている3種のワクチンの注射を打ってもらいました。

一般的に男の子の方が痛みに弱いから、「つゆ」ちゃんの方が嫌がるかもね。
という事で・・・・まずは「あめ」から・・・

打たれた直後にビクッと不快感を露わにしましたが、特に暴れる事なく終了。

次に不安な「つゆ」。

えっ?何かしたの?と言わんばかりのノーリアクション。
手のかからないコで良かった(笑)
ワクチン 猫 病気 予防 フェロセルCVR!コアワクチン接種完了しました!7度目の通院!

駆虫薬

猫はお腹に寄生虫がいる事が多いので、寄生虫を殺す駆虫薬をいただきました。
なんでも野良猫のほとんどが感染していて、母乳からも感染するらしいので、ほぼ間違いなくいるはずとの事でした。

結論からいうといました!

これから時間をかけて駆虫していく予定です。
寄生虫 駆虫薬 回虫 便 ウンチ ウンコ 【閲覧注意】駆虫薬を飲んだら寄生虫がウンチと共に出て来た!

6度目の通院

07/22(日)に6度目の通院です。そして、病院から引き取ってから1ヶ月目となる節目でも有ります。
猫風邪と目はかなり良くなっているという事で、だいぶ心配事も減りました。

追加の駆虫薬をもらい、もう一度駆虫です。また、ここから3週間問題がなけばワクチンをもう一回打ってもらう予定です。

終わりに。

眼の治療で点眼薬や軟膏をもらいましたが、猫用のが有るのかと思ってたらどれも人間の眼の治療にも使う薬のようですね。この辺りは種族は違えど同じ哺乳類って事を感じました。

という訳で・・・ほぼ週一で動物病院に通っています。今回は通院した事をご紹介しました。
やはりマメに診てもらうのが良いですね!

あめつゆとの時間

生後      96日目(推定)
出会って    46日目
一緒に暮らして 35日目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です