ペットがお留守番するおウチにオススメ!!タニタの温湿度計TT-580で温度変化をグラフで確認!

温度 湿度 変化 グラフ タニタ TANITA 温湿度計 TT-580 データロガー ロガー ペット 留守番オススメ

人間が共働きな為、猫だけでお留守番をさせる事の多い、あめとつゆのお家。居ない時に気になる点の1つが温度です。
それを確認する良い方法が無いかなーと考えていたのですが、ついに素敵な商品と出会えました!
それがタニタの温湿度計「TT-580」です!

非常に良かったのでご紹介いたします!!

猫もぐうたれる暑い季節が近づいてきました!


7月に入って一週間ほど経ちますが、関東はまだまだ梅雨な気配で涼しい日々が続いています。とはいえ、ちょっと天気が良いだけで日中は暑くなります。梅雨が明けて本格的な夏になると一気に暑くなると思います。暑くなれば網戸にしたりエアコンかけたりで暑さをしのいでいきます。

猫に美味しいご飯と快適な住まいを提供する為に私達は頑張って生きています。24時間ずっと仕えたいところですが、働いている間はあめとつゆにはお留守番をしてもらっております。

でも・・・人間が居ない時は防犯的に網戸にはしないし、エアコンかけっぱなしというのもの正直避けたいところなんですよねー

あめとつゆのお留守番

理想はお留守番の時も家の中を自由に移動して暑ければ涼しいところを見つけてくれれば良いし、寒い冬は寒くない場所を見つけてくれたらよいのですが・・・

うちのあめは油断したら布類を食べてしまいます・・・
ウールチューイング ウールサッキング 誤食 誤飲 猫 布 タオル 三毛猫 洋服猫の誤飲対策は難しい・・・ちなみに「ウールサッキング」じゃなくて「ウールチューイング」らしい。

つゆはつゆで色々物を落とすいたずら好きです。

その為、可哀想だけどどうしても1つの部屋もしくはケージに閉じ込めて外出しています。

お留守番の場所が難しい。

うちの場合は2択なんですがどちらも一長一短で毎回決めかねています。
閉じ込める部屋はあめが食べちゃうような物は排除しているのですが、エアコンがありません。網戸にも出来ないので、留守の間の暑さが気になります。
エアコンのある部屋にケージが有るのですが、3段ケージとはいえ、1歳を超えたあめとつゆを半日以上閉じ込めておくのもなーと気が引けてしまいます。

またエアコンも冷房が強すぎると寒いだろうし、暑さが厳しい日には冷房が弱すぎると全然暑いって状況も考えられます。

留守の状況を確認したい。

お留守番部屋にエアコンを設置するのか、何か留守でも使える猫の避暑地を準備すれば良いのか、ケージでお留守番の日々にするのか・・・考えるにしても日中がどんな温度かを把握する必要があります。

休みの日とかで人がいる時は、網戸にしたりするのでそれなりに快適なんですよねー
ホントは暑い日に猫のお留守番の状況を再現して網戸にもせず暑さを体感すべきなんですけど・・・なかなかね・・・

で、温度を計測した結果を見たりモニタリング出来たりする温度計が無いかなーって探して見つけたのが・・・こちらです!

タニタの温湿度計「TT-580」

温度 湿度 変化 グラフ タニタ TANITA 温湿度計 TT-580 データロガー ロガー ペット 留守番オススメ
この温湿度計の特徴は何と言っても・・・
簡単操作で一週間分の温度と湿度の記録がグラフで確認出来る事。

これは私が求めていた素敵な機能です。

そして、その他はシンプルな温湿度計。
余計な機能が無いのもスッキリ使いやすいです(笑)

シンプル・イズ・ベストな機能

パソコンやスマホに繋いで温度の記録を確認出来るデータロガーと言われる温湿度計は結構あります。
例えば・・・

こんなのですね。

でも私の使い方を考えたら確認したい時に何かに接続して確認するのはちょっと手間なんですよね。
データロガーは計測した結果を蓄積出来ます。定点計測して変化の様子を長期的に分析出来る訳ですが・・・私の場合は“留守にする時、ここの温度はどうなんだろう?と温湿度計を置いて帰宅した時に結果を確認する。”それで十分なんですよね。そして場所も一定じゃ無い為、長期的に分析するようなデータではありません。

ですので、ログといっても「TT-580」のようにちょっとだけ遡って温度と湿度の推移を確認出来ればそれで満足なんです!

タニタの温湿度計「TT-580」のレビュー

温度 湿度 変化 グラフ タニタ TANITA 温湿度計 TT-580 データロガー ロガー ペット 留守番オススメ
実際に「TT-580」を使った感想をお伝えしたいと思います!

「TT-580」の内容物

温度 湿度 変化 グラフ タニタ TANITA 温湿度計 TT-580 データロガー ロガー ペット 留守番オススメ
内容物はめっちゃシンプルです!

  • TT-580本体
  • 単四乾電池2本
  • 取扱説明書

温度 湿度 変化 グラフ タニタ TANITA 温湿度計 TT-580 データロガー ロガー ペット 留守番オススメ
電源ボタンなども無くて電池を入れたら起動します。

「TT-580」の設定

温度 湿度 変化 グラフ タニタ TANITA 温湿度計 TT-580 データロガー ロガー ペット 留守番オススメ
設定できるのは「日時」と「快適温度」です。

「日時」は普通に設定するにして、「快適温度」はよくわからないので・・・
温度 湿度 変化 グラフ タニタ TANITA 温湿度計 TT-580 データロガー ロガー ペット 留守番オススメ
工場出荷の値のままとしました!

「TT-580」の裏面

温度 湿度 変化 グラフ タニタ TANITA 温湿度計 TT-580 データロガー ロガー ペット 留守番オススメ

裏面には・・・

温度 湿度 変化 グラフ タニタ TANITA 温湿度計 TT-580 データロガー ロガー ペット 留守番オススメ

設置スタンドと壁に引っ掛ける穴があります。

これで棚や床に置いたり・・・

温度 湿度 変化 グラフ タニタ TANITA 温湿度計 TT-580 データロガー ロガー ペット 留守番オススメ

ケージや壁にかけたりして・・・

温度 湿度 変化 グラフ タニタ TANITA 温湿度計 TT-580 データロガー ロガー ペット 留守番オススメ

使う事が出来ます!

「TT-580」の表示画面。

温度 湿度 変化 グラフ タニタ TANITA 温湿度計 TT-580 データロガー ロガー ペット 留守番オススメ
温度と湿度が大きく表示されています。
一応、「年」「月」「曜日」「時間」も小さく表示されています

そして毎時00分の温度がグラフで常時表示されています。

留守だった時間の温度がパッと見ただけでわかるのは手軽で非常に便利です。

一番左のボタンを押す事で・・・

温度 湿度 変化 グラフ タニタ TANITA 温湿度計 TT-580 データロガー ロガー ペット 留守番オススメ

「湿度」と「温度」を切り替えれます。

ちなみにグラフの横軸は固定されていますので、日付変わった直後とかはグラフは何も無いような状態となります。

「TT-580」の過去の温度や湿度の確認方法

過去のグラフの確認方法もめっちゃ簡単!

4つあるボタンの内、真ん中の↑ボタンと↓ボタンで・・・

温度 湿度 変化 グラフ タニタ TANITA 温湿度計 TT-580 データロガー ロガー ペット 留守番オススメ

日付を切り替えられます。

一番右の○ボタンで・・・

温度 湿度 変化 グラフ タニタ TANITA 温湿度計 TT-580 データロガー ロガー ペット 留守番オススメ

ホーム画面・・・つまり今の温度、湿度表示画面に戻る事が出来ます。
また、5分間操作が無い場合もホーム画面に戻ります。

「TT-580」と「TT-581」の違い

タニタからは「TT-580」の上位機種の「TT-581」も販売されています。

created by Rinker
タニタ(TANITA)
¥4,166 (2019/07/22 00:08:57時点 Amazon調べ-詳細)

ほとんど同じ性能で、何が違うかというと・・・

「TT-580」はメモリーモードで1週間分を記録していて確認出来るところ・・・「TT-581」は2週間分を確認出来ますよー!
私の用途的には1週間で十分なので「TT-580」を購入しました!

現状把握に非常に便利!

温度 湿度 変化 グラフ タニタ TANITA 温湿度計 TT-580 データロガー ロガー ペット 留守番オススメ
今は暑さ対策の為の・・・冬は冬で寒さ対策の現状把握が可能となります。現状を把握する事で・・・

エアコンを使うのか・・・
エアコンを使うにしても設定した温度がケージ周りで妥当な温度となっているのか・・・
エアコンの無い部屋でも何か対策を入れてあげれば過ごせるのか・・・

などを検討する事が出来ます!

これでしっかり把握してから温度対策を検討して行きたいと思います!

安定のタニタ製品というのも値を信用出来ますよね!

あめつゆとの時間

本日(2019/07/08)は・・・

生後(推定)    442日目(1年3ヶ月半)
出会って     392日目(1年目1ヶ月)
一緒に暮らして  381日目(1年目半月)

ブロードライン
つゆ 5/2 → 6/2頃を予定6/11実施 → 7/11頃を予定
あめ 5/20 → 6/20頃を予定6/24実施 → 7/24頃を予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です